デジタルサイネージは人の神経と体を模倣した内容

by author



私達の体は、外部から刺激を受けて、その情報を脳に送り込みます。

脳は、その情報を適切に処理を行い、体に適切な反応を引き起こす様に命令を行います。
例えば、熱すぎる水に触れると手を直ぐに引き戻す様な反応と言えるでしょう。
実は、デジタルサイネージも同じ事が言えまして、外部からの情報を元に、人の脳に当たるようなサーバーで処理を行い、適切な情報を外部のディスプレイに表示をする事も出来ます。

デジタルサイネージの詳細は専用ホームページで紹介しています。

現在の主流は、ディスプレイに適切な情報を配信する事に対して利用されていますが、技術的な面か言えばロボットに命令を与えたり、何かしらの動作命令を行わさせる事も可能です。



未来におけるデジタルサイネージの技術の中には、この様な利用方法も扱われていると予測できます。

人の脳は、あくまでも個人による情報処理に限定されてしましますが、デジタルサイネージの技術であれば、様々な端末からの情報を集め処理を行う事が出来ます。


一般的に広告用として利用されていますが、例えば、人の反応を認知できるシステムによって街頭における人の通行量の調査にも利用が可能です。新しく店舗を開く場合は、予め市場調査の目的として複数の人材を投入する事がありますが、デジタルサイネージの技術を利用すれば人件費を抑え4時間体制での調査も出来ます。
現在、デジタルサイネージは、一般的に利用されているサーバーで処理をされています。

今後の技術的な内容によっては、スーパーコンピューターが現在利用されているサーバーの役割を荷着なっていく事も予測できるのです。

NAVERまとめに関する情報満載です。

そのため、人と同じ様に、それ以上に、社会に貢献できるシステムが現れると言えるでしょう。